Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またお会いしましたね・・・

必要なものがあって、職場帰りにイオンに寄った。

薄暗くなった道を歩いていると、見覚えのある人影が・・・

「H原先生!!」私は声をかけた。
数年前、保育士資格を取得して、初めて、保育の現場を経験した時に出会った保育士の先生である。
その時から、なんとなく縁を感じていたが~

その後、保育士を辞めて、もう5年は経過していたと思うが~
2年前の出来事には、さらにびっくりした。
私が脂肪種の切除手術で入院している時に、H原先生が白内障の手術で、私と同じ病棟の同じ階に入院されてきた。
ナースセンターに、私は入浴時間の確認を、H原先生は、食事の確認を・・・
そこで偶然ばったり出くわした。
おかげで、その後の入院生活は楽しかった。

その頃の先生に会うと、私のことも、「せんせい・・・」と呼んでくださるのが、なんとも不思議で気はずかしい感じだ。
あの頃に一緒に仕事をしていた先生たちは、今は、ほとんどいらっしゃらないとか・・・。
定年を待たずに退職された先生、保育とは全く違う職に就かれたアルバイトの先生たち。

私が担任として入らせてもらっていたクラス。
当時、まだ歩けなかった子どもたちは、今や小学4年生。

私の顔を見るなり両手を広げて、抱っこをせがんでくれた、丸々お目々のNちゃんも、もう小4なのだ。

あの頃、私は、本当に辛かった。
保育士の免許は、とりあえずは手に入れた。
でも、保育士としての経験はゼロ。子育ての経験もない。
会社勤めで事務職の経験しかない私には、わからないことだらけ・・・
それでも、1年目は、いろんなことやらせてもらって、わからないけど、楽しかった。
そして、訪れた2年目。
予定外の出来事があって、それからは、私にとっては、毎日が本当に辛かった。
けど、8月から翌年の3月までは、なんとか乗り切った。
けど、それ以上、続ける勇気はなく、保育士2年間の経験をもって、未練もなく、保育所を去った。

今、振り返ると、でも、すごくいい経験をさせてもらったと、感謝だ。

民間の保育園では、おそらく雇ってもらえなかったはず・・・

年齢も重ねている、全く未経験の私を雇ってくれたのだから・・・

毎日、こんなんで私、クラスの役に立っているんだろうか・・・
ここにいてもいいんだろうか・・・
そんなことばかり考えていた。

保育所を去る最後の日。
お母さんたちが私にくださった手作りのファイルと卒園証書。
IMGP2488.jpg
私の大切な宝物だ。

H原先生に、また、再会して、
なんとなく、ファイルと卒園証書を出してみたくなった。

子どもたちがあの時の笑顔で・・・
笑っている・・・
ともに過ごした時間。


すごくなつかしい・・・

辛いことばかりだと思っていた。

でも、こうやって、写真を見ていると、
そればっかりじゃない、子どもたちのいろんなことを思い出す。


大切な時間だった。


また、がんばろ~
そう、思った。

ありがとう・・・
あの時の、すべてに=
感謝!!

明日もいい日でありますように~

http://shiawaseninaru0430.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。