Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壟学校下見と・・・島田歌穂さんによる音楽ミュージカル朗読劇・・・

11/3(土)から3回。
壟学校で行われる(手話)ボランティア養成講座に参加することに~
初回の10/27(土)は、アロマの研修会とヒーリングの補講があるので参加できないから、
受け入れてもらえないかなぁ~と思ったけど、問い合せてみたら、OKしてくださった・・・
なので・・・参加することになっている。
それで、今日は、下見に行ってきた。
仁和寺のちょうど裏側に位置している。
緑に囲まれたいい環境にあった。
IMGP3843.jpg
西大路四条からバスに乗って、御室仁和寺バス停で下車。
向かい側が、この景色。

IMGP3845.jpg
右側面の坂を上っていくと・・・

IMGP3846.jpg IMGP3847.jpg
こちらが壟学校~
なんだか広そうだ・・・


ここまで来て、せっかくだし、仁和寺の中に入りたかったけど、
オーパ8FのBOOK OFFと、ミーナの中のユニクロにも行きたかったので、
帰りは、四条河原町まで~

荷物もあることだし、一回家に帰ってから、地元市民会館に行きたかったけど、
時間がなくなってきて、そのまま向かうことにした。
15:30開場の、20分前くらいに着いたら、私は、3番目だった。
今日は、島田歌穂さんによる音楽ミュージカル朗読劇「薔薇は生きてる」が・・・
私は、ずっと、スクリーン劇だと思っていたのだが、並んでいる人に聞いたら、本人が来るとのこと。
なので、最前列のど真ん中に座席をとった。
肌が白くてきれいだった。ネイルがきれいにアートされていた。
すっごく目が大きかった~
なんて、ホントに間近って感じだった。
内容は、山川彌千枝さんという方が、生前残した日記・短歌・散文の数々を、没後、お母さんの柳子さんが遺稿集としてまとめたものが本公演の原作となった「薔薇は生きてる」。
肺結核によって、16歳でこの世を去ってしまう彌千枝さん。
彼女の病気に対する想い、生きたい・・・って気持ちが、最終に近づくにつれて、強く訴えかけてくる感じだった。

島田歌穂さんの朗読によって、映像はないけれど、想像力をかき立てられる。
さらに、バイオリン と ピアノの音色に、心を揺さぶられる感じが・・・

娘が16歳で生涯を終えた。母・柳子さんの最後の文章に、涙がこぼれてしかたがなかった。

そして、ラストの島田さんによる「生きたい」という歌が、心に染み渡った~
IMGP3853.jpg
IMGP3854.jpg IMGP3855.jpg
今回のものとは関係ないCDを購入。尾崎豊さんの名曲「I LOVE YUO」や、JAZZ、民謡、ジャンルを問わず・・・
ピアノ演奏は、島田歌穂さんのだんなさん:島 健さん。

明日は、N商会・京都支店時代の集まり~
食事会。
何年ぶりだ~
10年以上ぶりだわ~きっと。
誰が来るのかしら~

ここ最近、むかしのつながりをたどる・・・っていう動きが・・・

来年の1/3は、中学の同窓会。しかも、中3時代の全クラスに声かけてるらしい。
その当時の先生まで・・・

これって、すごくない?


明日もいい日でありますように~






スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。