Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

手話の可能性・・・

日曜日の19:00~20:00まで12チャンネルでは、手話関係の番組が続く。
手話を習い始めてから、なんとなく見るようになった。

今井絵理子さんの番組から始まって、ワンポイント手話、子ども手話ニュース、手話ウィークリー、手話ニュースだったかな?(m(_ _)ちょっと定かではありませんが・・・)

どの番組だったか忘れたが、
”シニアサイン”というのを紹介されていた。
”ベビーサイン”というのは、聞いたことがあるが・・・62031851シニアサイン



高齢者の方は、聞いたことがなかった。
でも、これは、考えたら、同じことだなぁ・・・と思った。

人が人に何かを伝える時って、声を出さなくても、指で指し示されたり、身振りや視線でなんとなく伝わったりするものだ・・・

この”シニアサイン”というのは、近藤禎子さんという方が、日本の手話を基本に、ちょっと工夫してもっとわかりやすいように変化を加えられたものだ・・・

人と人のコミュニケーションの基本は、まずは相手を理解しようとする姿勢。
そして、自分の言いたいことをいかに相手にわかりやすいように伝えるかだ・・・

手話は、ただ、ろう者の方たちや、難聴者の方に対してだけのものではなく。
赤ちゃんや、聞こえづらくなっておられる高齢者の方にも使える手段であると・・・思うと、

今、学習している”手話”というものの幅広さを感じずにはいられなかった。
もうすでに、介護や看護の現場では、使われているようだ~




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment