Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

近くの喫茶店で・・・

今年の5月~8月にかけて12回講座の地元手話教室入門。
この講座で知り合ったM本さん。
途中、班替えがあったにも関わらず、
12回通して、ずっと同じ班だった。
だから、なんとなく帰りも一緒に会館を出て、
下で長いことしゃべったり・・・

手話教室が終了して、手話サークルに参加するときも
最初は一緒に・・・

けれど、私は、地元の手話サークルからは、
なんとなく足が遠のいてしまい、行かなくなってしまった。

そして、私は、あっちこっち探して、
なんとなく落ち着く場所を見つけた。

M本さんは、地元手話サークルに入会されたそうだ。
なかなかとけ込めないとは、言っておられたが・・・
それでも、月2回はがんばって行っておられる。
そして、他にも大学生が多い違うサークルにも参加されてるようだ。

それぞれが違うサークルに身を置いていると、
情報交換が出来て、ある意味いいな・・・という気がする。

同じ趣味を持っているもの同志、
刺激になっていい~

来年、また地元で、手話教室の基礎編が行われるので、
それには参加したい気も・・・

また同じ時期に、今、通っている手話サークルの地区でも、
手話教室の基礎編が行われるようなので、
そちらの方にも参加したいなぁ~

来年、同じ時期にろう学校でのボランティア講座も再開されるみたいだし・・・

来年3月に行われるNPO手話技能試験の4級も受けたい~

いろんなとこの手話教室に参加したので、
その場所場所で、不思議と縁のある人が現れた。
そして、なんとなくつながっている。

その人たちから、刺激や元気をもらい、
やる気を起こさせてもらってる気が・・・・

出会ってくださったことに感謝m(__)m


私が手話を習う本当の目的って何なのかな?
そんな深いことは考えず、なぜか興味があった。
最初は、なんとなく手話を習ってみたい・・・と思っただけかも・・・。

むかし見たドラマ。”星の金貨”とか”オレンジディズ”とか・・・
だから、ちょっと、外国語を習うような感覚だったかもしれない。

手話を習い始めて、ろう者とか難聴者とか健聴者という言い方を
知っていたかもしれないが、どこか初めて聞くような感覚があった。
そして、”聴こえない”ということがどういうことなのか、
少しずつ考えるようになった。

そして、”聴こえない”という状況の中で、
生活をし、仕事をし、日常生活を送っておられる大変さを想像する。
でも、きっと、”聴こえる”私には、予想もできないことだろう~

手話を知ってる人も、たくさんおられるんだなぁと思った。
そして、手話を勉強しようとしている人も、こんなにいるんだ・・・とも思った。
けれど、まだまだ少ないのかも知れない。

今、まだ、手話を習いたてで、全然、理解できてないけど、
そんな私たちでもできることはあるかな?

”聴こえない”人たちは、私たちに何を望んでいるのだろう?
スポンサーサイト

2 Comments

maya☆  

こんにちは☆

いろいろな手話サークルで、出会いがあったのですね。一つにこだわらずにいくつかのサークルに入るといいでしょうね。

私も広島市内の手話サークルに興味がありましたが、遠すぎるんで、単発でもいいから、たまにでも参加できればいいなと思っています。

耳の聞こえない状態って、普通想像もできないのですが、危険が近づいているのに気づかないというのがあるんですよね。私は人の言葉が聞き取れなくなって、困っているのですが、雑音がまだ聞こえるので、まだ少しマシではあるんです。

難聴者の抱えている問題については、以前参加した要約筆記者の養成研修の中で少し勉強しました。こういった問題について詳しく研究されている山口先生の講義だけは来年の2月に延期になったので、そのクラスを見にいけるのを楽しみにしています。この方の著作もとても素晴らしいので、いずれ記事の中で紹介しますね♪

2012/12/24 (Mon) 07:48 | EDIT | REPLY |   

のん  

No title

いろんな手話教室や手話サークルに行くことも勉強になりました。
どんな目的や想いを持って参加されてるのかも聞くことができました。

”耳が聴こえない”とひと言で言っても、いろんな状態があるのですね・・・
言葉が聞き取れなくて、雑音のように聞こえる・・・
どんな感じなのでしょう? 頭が痛くなったりはしないのですか?
聞こえないと確かに、危険が近づいていてもわからないですよね・・・

山口先生・・・という方がおられるのですね~
また著書の紹介お願いします。私も読んでみたいと思います・・・

2012/12/24 (Mon) 09:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment