Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回京都手話フェスティバル

京都新聞文化ホールで行なわれた「第8回京都手話フェスティバル」に行ってきた。

少し遅れて入ったので、もう、始まっていた。

手話歌で「京都物語」がなされている最中だった。
この歌は、地元の手話教室で教えてもらったので、昨年のことだけど、
なんだか懐かしい気がした。

一般の部(第26回手話スピーチコンテスト)が行なわれた。
手話サークルに所属されている方、聴覚障害者協会所属の方、高校生~7名の参加だった。
IMGP4166.jpg IMGP4167.jpg


どの話もなるほどなぁ・・・と思う。
ろう者も健聴者もなく、助け合って、協力し合って・・・
支えあって生きていける世の中であってほしい~
また、聞こえる・聞こえない・・・ということだけでなく、
すべての人と、隔たりのない暮らしができたらなぁ~
みんな、ひとりでは生きていけないのだから=
無関心であってはダメだなぁ~
そんな気になった。


スピーチコンテストの審査の間は、oioi(オイオイ)という大学生の手話団体の楽しいコントだった。
手話を覚え始めた大学生が、喫茶店でアルバイトを始める。
お客さんとして訪れたろう者にどう関わるかが、話のポイント。
最初のお客さんは、手話が早すぎて読み取れない・・・そんな時はどうする?
その想いをはっきり相手に伝える。
手話が早すぎて、読み取れない。オーダーは、もう少し、ゆっくりひとりづつお願いします。

次に来店したお客さんは、、自分の手話が通じない。そんな時は、どうするか?
筆談~を利用する。

そして、最後は、手話も筆談も使えない・・・
そんな時は、どうする?
身振り、手振り・・・ジェスチャー~

時と場合、人に寄って、伝え方は様々。
相手をよく見て、伝える手段を変える~

そんな内容を、おもしろおかしく描いてあった。
IMGP4174.jpg


そのあとは、子どもの部(京都子ども手話スピーチ大会)。
ろう学校の小学4年生から~中学3年生まで
小学校4年生の女の子の一生懸命のスピーチを見ていたら、
なんだか涙が出てきた。
一生懸命がんばってる姿、すごいなぁって・・・
IMGP4183.jpg

最優秀賞は・・・
IMGP4169.jpg←この方だったと思う~

行ってよかった(●´ω`●)って思った。
スポンサーサイト

- 4 Comments

ゆう  

相手をみて、変える(臨機応変) …。
相手を思いやって考えて…。
やっぱり、いいよね~。
温かい感じ(*^^*)。

2013/03/20 (Wed) 21:06 | EDIT | REPLY |   

のん  

ゆう子さん、コメントありがとう~

手話を学ぶようになって、”手話”そのものを知るだけでなく、コミュニケーションのあり方を考えるようになる^

手話って、ステキ!!

2013/03/20 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   

maya☆  

こんにちは!

手話フェスティバルってすごいイベントがあるのですね。こういうイベントがあるとみんなが頑張れますよね。

子供たちも上手に手話をやっているのですね。子供のほうが吸収が早いかもね。大人も子供も一緒になって手話を勉強したり、ろう者の皆さんと交流してお互いの壁がなくなるといいなぁって思いました。

2013/03/22 (Fri) 08:53 | EDIT | REPLY |   

のん  

mayaさんへ・・・

手話イベント・・・ってそんなに情報なかったけど、手話サークルとかに参加するとそういうチラシが結構手に入るんですよね・・・
持って帰っても、実際、今まで出席とかしなかったんですが、行ってみると得るものが多いです・・・
子どもちゃんが、がんばってる姿は感動します・・・

2013/03/23 (Sat) 01:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。