Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手話劇の練習、今日がラスト(゜ロ゜)~

今度の日曜日。
サークル50周年記念のイベントとして、短い手話劇をするのだが~

今日のサークルの学習内容は、それに伴って、すべての時間が手話劇に当てられた。

一人ずつ、せりふをろう者の人にチェックしてもらうのだが・・・

私は、ホントに短いせりふなのに・・・
なんか難しいのよね~

顔の表情・・・
って、何回も言われた。

”顔が死んでる”って・・・(´;ω;`)


このキャラクターは、どんな人?
こんな短い文章であっても、この言葉を話す人は、何歳くらいの人で、どんな性格の人で・・・って
想像して、その人物になりきって、やってみて・・・

なんか高度な要求よね~

そんなことを考えると、俳優さんとか役者さんとか、やっぱりすごいなぁ・・・って思う。

せりふの手話表現が、ちょっと変わっただけで、もうボロボロ。
その人がどんな人物?  なんて考えてる余裕もない。


せりふが頭の中にちゃんと入って、自分の体に馴染んだら、もっと、自然になるのかな?

これは、むかし、ダンスをやっていた時と同じだよね。
振りを与えられて、体になかなか入らない時は、ただ振りをカウントを数えながら、間違えないように追ってるだけだけど、体に馴染んできたら、音楽に乗って、身体が自然に動くようになる。

納得するまで、身体が自然に動くまで、何回も体を動かして、自然に動けるようにしないとね・・・

何をしても、どこに行っても、自分の”真面目さ”が、ネックだよなぁ~

もっと、楽しみたい~

なんだかんだ言っても、もう、練習はないのだから・・・

あとは、イメージトレーニングだよね・・・

今日、練習の模様を、京都新聞の記者の方が、取材に来られていた。
6/20の新聞に掲載されるようだが・・・

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。