Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「47RONIN」

映画「47RONIN」観てきた。
IMGP5125.jpg IMGP5127.jpg



赤穂浪士の討ち入りのことは、「忠臣蔵」で語られているが・・・

この内容をカール・リンシュという外国の監督が描いているのも、なんだかおもしろいな・・・と思った。
最初は、異端とされ、蔑まれていたカイ(キアヌ・リーブス)。
けれど、最後には、赤穂の浪士47人として、武士としての最期を共にする。
友情が育まれていく過程には、ホロリとさせられる。

日本で描かれている「忠臣蔵」や「赤穂浪士」の感覚とはかなり違う、架空の人物も設定されていた。
菊地凛子演じる妖女の存在も、この映画には、必要な人物。

吉良(浅野忠信)とミカ(柴崎コウ)の婚礼の祝いの席に、仇討ちのため、侵入する大石(真田広之)たち。
そのシーンでは、アクロバットのような技や、絶妙な「間」。

眠くなる”暇”はなかった。




スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。