Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

初めての手話サークル行ってきた~(●^o^●)

今日は、金曜日の昼間にやっている手話サークルに、初めて、参加してみた。
ろう者も、健聴者も・・・参加者が多いのに驚いた。

学習の内容も、経験がないことだったけど・・・
おもしろかった。

ろう者がたくさん参加されているので、グループ分けも少人数ずつに分けられる。
ろう者1人・健聴者2人~3人が、1つのグループ。
なので、集中しやすい。

ろう者の話は自由。テーマは自由。
5分くらいの時間。
とにかくろう者を見て、真似る・・・という学習。

ポイントは、
・表情
・体の動き
・視線
・うなづき
・動きの大小、強弱、速遅
・全体

こんな感じだったかな?

手話の内容は、読みとれなくてよい。理解できなくていい。
ただ、自分が見ようとする1つのポイント(余裕があれば、他の点も・・・)だけに
集中して、真似る~という練習なのだ。

それに寄って、何に気づくか・・・

1回終わるごとに、健聴者がやってみて何に気づいたかを、一人ずつ手話で表現。
その後、健聴者が、違うろう者の席に変わる。

それを3回くらい繰り返したかな?

①私は、最初のろう者の表現では、目の動きとうなずきに注目した。
目を細める時、目を大きく開けて表現する時。それぞれの違いを感じた。
あと、うなずき・・・
ゆっくりうなずく時、3回くらい早く連続でうなずく時。
話しの内容は、後回しになったが・・・
表情が、大きいな・・・と感じた。

②次のろう者は、男性。
富士山を遠くの方から見た・・・というしぐさ。
体を後ろにのけぞって、手をちょっと後ろに引いて、目を細めた・・・
それだけで、すごく距離感を感じた。

あと・・・
「難しい」という手話表現が、3回くらい出てきたが・・・
どれも、表情が違う。
それだけで、どれくらい”難しかった”のかが、感じられた。

③最後のろう者は、女性。
手話表現が、とにかく、愉快。楽しそう~
今日、楽しみなテレビがある。本当に楽しみにしている様子が伝わる。
オリンピック。スケート。スケートの動きの真似が上手。
顔の表情。動き・・・
表情がコロコロ変わって、動きも大きくて・・・
こちらも一緒に楽しくなってくる感じだった。


健聴者は、手話を文章にしようとしてしまう。

文章に拘らず、
表情や身ぶり手ぶり
感じたまま・・・
やってみることも大切だなぁ・・・って思った。

ろう者とのコミュニケーションを大切に、そして、ろう者の表情や動きをいかに盗むか・・・

それに尽きるな・・・
って思った。

今日は、本当にいい勉強になった。

充実した1日だった。



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment