軽やかに・・・朗らかに・・・

毎日、いろんなことがあって、凹んだり落ち込んだりもするけど・・・できるだけ、ややこしく考えないで、シンプルに生きていきたいね~(*^。^*)軽やかに・・・朗らかに・・・

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治市生涯学習センターまで行ってきた~

2014
16
今日は、宇治市生涯学習センターまで行ってきた。
JR宇治駅から、タクシーで10分くらいだったかな?

この間、どこかの手話サークルに参加した時に、宇治から来られている方が
おられて、その時に、”宇治市でこんな講演あるよ・・・”と教えてもらった。
それで、その方とJR宇治駅で待ち合わせて、連れて行ってもらった。

「歴代会長みみずく会の思い」という講演で、
講師は 谷 勇男氏である。

13:30~16:00までと結構、長かったが、
まぁまぁなんとか・・・

谷氏は、健聴者である。
いろんな経歴を聞かせてもらって、やっぱり、すごいなぁ・・・と思った。

手話通訳士や手話通訳者というのは、例えば、介護福祉士や社会福祉士などのような
国家資格ではない。
けれど、これから先、こういった資格と同じような保証があってもいいのではないか・・・という話。
これから、手話通訳士としての勉強が始まる者としては、そうあってほしいなぁと思う。

ろう者のそのままの手話を、通訳者がどこまで近づけた表現ができるか・・・
また、ろう者の表現を、それに近づけながら、いかに印象よく、相手に伝えることができるか(例えば行政などに要求を伝える場合)・・・
手話を通訳するというのは、その手話を単に”言葉”に置き換えるだけではない・・・という意味も伝わってきた。

まだ、手話を始めて、1年半の私としては、”手話”の背景にあるもの、
その背後にあった”流れ”などは、ほとんど知らない。

”手話”を学ぶということは、イコール そう言った”流れ”や、ろう者の”文化”を知ることが必要なんだなぁと改めて思う。

宇治駅近くのサイゼリアで、お話ししませんか?・・・みたいなお誘いがあって、
まぁ・・・これも勉強だ~と思いついて行った。

そこでハタと気づく。
ろう者10人の中に、健聴者は私ひとり?

まぁ・・・
時には、ちょっと勇気も必要だなっ(●^o^●)

スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。