軽やかに・・・朗らかに・・・

毎日、いろんなことがあって、凹んだり落ち込んだりもするけど・・・できるだけ、ややこしく考えないで、シンプルに生きていきたいね~(*^。^*)軽やかに・・・朗らかに・・・

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいよね・・・(*^。^*)

2014
24
今日も夕方から、友人と会った。
この人は、耳が聞えない。

どこ行く?


そう思ったら、この間、手話を教えてほしい・・・と
言ってくれた店員さんがいる喫茶店に行くことにした。

いるかな?
階段を上がって、扉越しに彼女と目が合った。

注文は、友人は、クリームソーダ。
それには、ラズベリーとストロベリーがあるそうで・・・

店員さんは、それを手話では説明できず、私の方を見た。

ラズベリーは、指文字で、ストロベリーは、手話でイチゴを表して・・・
ソーダは、そうだ!!・・・という意味の手話表現。

私は、抹茶ミルク(アイス)を注文。
抹茶は、お茶を立てるしぐさ+ミルクの表現(これは、私も知らなかった)

その店員さんが、「あとで教えてもらいたいことがあるんですけど、時間ありますか?」
と、声をかけてくれた。

こちらのお店には、時々、聞えないお客さんがいらっしゃるらしく、
時には、数人集まって来られることもあるらしい。、

・・・で、その店員さんが、聞きたい事・・・というのは、
メニューのこと。
どうしたらもっとスムーズに注文が聞けるか~と考えていたらしい。

パスタ
カレー
サラダ
ジュース
コーヒー
などなど

メニュー表を見せてもらったら
各種、いろんな種類がいっぱいある。

それをろう者が来られた時に、どう表したらいいのか?という質問。

最初は、一つずつ、友人が、手話表現していたが・・・

このメニュー。
ろう者専用のファイルを作ったらどうか?という提案をした。
例えば、パスタなら、赤の紙。サラダなら、緑の紙とかいう風に・・
で・・・
その種類に番号を振り、オーダー表なるものを作る。
赤の紙① とすれば、
例えば、イタリアン とかいうように~

今ある、オーダーボードには、横手にシールを貼り、そこに番号を付ける。
これの②を下さい・・・と
ろう者が簡単に示せるようにしてはどうか?

などなど・・・

次から次から、提案する友人もすごいな・・・と思った。

聴者とろう者、うまく噛み合わない。

ここのお店は、セルフサービスなので、各テーブルにメニューは置いてない。
メニューがあれば、オーダーを取りに来てくれる店員さんに、メニューを見せながら
”これ”・・・って指差しできるんだが・・・

「噛み合わなければ、時間もかかるし、お客様に迷惑がかかるので、
うまくコミュニケーションがとれる方法があれば・・・と思って・・・
教えてくださってありがとうございます。助かりました」
と彼女は、ニッコリ笑って、階段のところまで、見送ってくれた。

「ありがとうございます・・・」
と手話でしてくれた。

こんなふうに、歩み寄ってくれたら、うれしいね・・・
と話しながら、このお店を後にした。

今度、行った時には、何かが変わっているかな?

こんなふうに言ってくれるお店は初めてだけど、
私たち二人が手話で話している光景を見て、
こんなふうに興味を持ってくれたり、
ろう者に合わせるように何かを変えてくれたり・・・
向こうから、、わざわざ聞いてくれるなんて、うれしいよね~

最初は、小さなことからかも知れないけど、
誰かが何かを始めることによって、
少しずつ世の中が変わっていったらいいな~と思った。






スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。