軽やかに・・・朗らかに・・・

毎日、いろんなことがあって、凹んだり落ち込んだりもするけど・・・できるだけ、ややこしく考えないで、シンプルに生きていきたいね~(*^。^*)軽やかに・・・朗らかに・・・

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手話仲間と交流会~

2014
08
昨日は、四条大宮の「ちらん」というお店で交流会。
学習部の仲間たちと~。ろう者3人 聴者5人。
私は、サークルに入って初めての年で、なんだかわからないけど、名前ばかりの”学習部副部長”だった。
それで、1年が終わり、「お疲れさま会」。
私は、本年度は、学習部から、機関紙部へ・・・しかも、何もわからず、部長~(*^。^*)
どうなることやら・・・だけど~

いつも思うんだけど、手話は「単語を覚える」とは、また違うなぁ・・・と思う。
単語をいくら覚えても、通じる手話にはならない。
その手話、そのものが生きてないから・・・

だから、家で一生懸命手話辞典で勉強したり、自室にこもってDVDを見る・・・という学習では
あんまり意味がないのかなぁ・・・と思う。

ろう者の表情や、手の使い方、体全体の動かし方や、視線などなど。
見てるだけでもおもしろい。

その人独特の表し方があって、ひとりひとり手話表現が違うように見える。

聞える私たちだって、早口の人もいれば、ゆっくりしゃべる人もいるし。
やたら、ジェスチャーの大きい人もいれば、口だけでぼそぼそしゃべる人もいる。
み~んなまちまちだ~

ろう者としゃべる時は、手話の単語がわからなくても、顔の表情を大袈裟にして、体を思いっきり使って、
これとか あれとか指さしをしたら、それだけでも通じるんじゃないかぁ・・・って思う。
むしろ、間違った手話をこちょこちょやるより、その方が、ろう者に伝わったかも・・・と思った。

そして、何より、ろう者が嫌うのは、聞える私たちが遠慮したり、わかったふりをすること。

私も最初はちょっとあった。
「もうこれ以上聞いたら悪いかな? 同じことを何回も質問するのはちょっとね~
もうこのへんでわかったふりしとこ・・・」
・・・でも、そ~んなふうに思っていることは、ろう者はぜ~んぶお見通し。

ほんまにわかってる? と、ちょっと振られると、もうバレバレ。

遠慮はいらない・・・
どんどん食らいついてきてくれ~って感じ。
だから、”教えて!教えて!”と本気でぶつかっていく人には、ろう者は、時には厳しく、
本音は、優しい。

聞えるのが当たり前だと思って、過ごしてきた。
けど、「手話」という自分には遠いと思っていた「言語」と出会って、どんどん自分の中の何かが広がりを見せてきた。

わからないことだらけ・・・
通じないこともいっぱいある。
失敗もいっぱいして・・・

それでも、今、私は手話が、おもしろい・・・(^◇^)




スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。