Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

初めて行ってきました~

今日は、昼から会う約束をしていた友人の都合が急に悪くなって、
なので、ちょっと、ぶら~っと行ってきた。

聴覚障害センターや手話関係の会館は、「聴言センター」と呼ばれる場所と
嵯峨野の方に、「嵯峨野コミュニティセンター」がある。

嵯峨野の方は、一度も行ったことはなかったのだが、JR嵯峨嵐山のすぐ隣だった。

昨日、「手話通訳者養成講座」の説明会を聞きに行き、
実際、まだ自分がそこに参加できるかどうかわからないのだけれど、
テキストはこれを使う・・・というのが紹介された。
IMGP5521.jpg


私は、今なら、予習ができる時間があるので、もし、テキストが前もって手に入るのなら、
自分で勉強しておきたい・・・という気持ちが湧いてきた。

そう思いだしたら、やらずにはいられなくなり、問い合わせてみたら、
”嵯峨野研修センターになら、置いてある”と聞き、気持ちはもうそこに飛んでいた。


せっかく、交通費まで使って買ってきたのだから、次の仕事が始まるまでの空き時間を
予習にできるだけ使おうと思う。

無理をせず、自分の出来る範囲で楽しみながら・・・

最初、ちょこっと始めた時は、こんな気持ちになるなんて思ってなかった。
たくさんのろう者や、手話を学ぶ人たちと知り合って、少しずつ”何か”が目覚め、
自分の中の”何か”が変わってきた。
そして、もっと知りたい。もっと繋がりたい。
もっと・・・もっと・・・
”手話”を知りたい。
”手話”で自然と話せるようになりたい。

そして、
いつの間にか
聞こえない人 と 聞こえる人 の 橋渡しがしたい・・・と思うようになった。

出来るだけ忠実に、丁寧に・・・

その方の”想い”が伝えられるような”手話”を身に付けたい。

聞こえる者が使ってるような”日本語対応の”手話じゃなくて、
聞こえない人が使っているそのままの手話。
英語とかで言うと、ネイティブな”手話”。
ろう者的手話。

見てたら、ホントに引き込まれてしまう。

ろう者が使っているような”そのまま”の手話。
そして、
公的な場で必要な手話通訳者としての手話。

私は、どちらも身に付けたい。
何年かかってもあきらめずに・・・

まぁ・・・
どうせなら、近道がしたい。

できるだけ、ろう者の中に積極的に入っていき、ろう者の手話を盗むこと。

コツコツ努力するしかないのだ。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment