Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

「ベトナムろう文化」ウェンディン モンザングさんの講演行ってきました~

丸太町七本松にある「京都アスニ‐」にて、”ベトナムろう文化”についての講演があった。
私は、ギリギリの時間に走り込んだ状態だったが~

会場には、たくさんの人が参加していた。

ぐる~っと見渡した感じ、健聴者よりろう者の参加の方が多かった。

講師は、ウェンディン モンザングさん.
朱色の鮮やかな、チャイナドレスのような風に見えた。
とっても、チャーミングな女性だなぁと思った。

話の柱は、6つの中味で構成されていた。
①自己紹介
②学校と私たちの寮について
③ろう文化クラブホーチミン市
④ハノイろうあ協会
⑤デフクラブは、北部、中部と南部
⑥ベトナム手話

彼女は、ニャチャン生まれのホーチミン育ちだそうです。

現在ベトナムにはデフクラブが10か所ある。そのクラブが結束して、いつかは全ベトナムろうあ協会を設立したい・・・という想いが伝わってきた。

私自身、まだ、手話を始めて2年。今日のように、通訳の全くない講演での読み取りは難しい。
モンサングさんは、日本手話で話してくれていたが、その手話自体が、まだまだ私には、読みとれない。

手話がわからない分、顔や動き、表情で、理解したいと思ったが、どれくらい読みとれたのか、自分でもよくわからない。

けれど、彼女のかわいらしい仕草や、くるくる変わる顔の表情に、すごく愛着を感じた。

途中、休憩時間に、席をグルグル回っておられ、勇気をだして、片言手話で語りかけてみた。

まだまだ、手話を始めて間もないこと。
読み取りが難しくて、理解できないことが、ちょっとさびしいこと。
でも、これからも、手話をがんばりたい。わかりたい。だから、努力中なこと。
~を、伝えてみた。

「がんばってくださいね・・・」って、言ってもらったことが、とてもうれしかった。(*^_^*)

参加してよかったな・・・満足して、帰ってきた。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment