Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

劇団あしたの会 第12回公演「あしたを拓く」DVD

何となく気になってた、劇団あしたの会の「あしたを拓く」。
先日、お願いしてたDVDを手にした。
IMGP5993.jpg


観たいと思いつつ、本編104分となっていたので、仕事から帰ってからゆっくり見る時間がなく、
そのままになってた。

今日、机の上に置いてあるDVDがどうも気になり、ちょっとだけ・・・見るつもりだったが・・・

途中で止められず、最後まで見てしまった。

ろう学校で手話が禁止されていた”時代”があった。
この舞台では、ろう学校の先生のあり方、生徒たちの悩みや怒りが描かれていた。
手話を使ってはいけない・・・口話教育が推奨されていた”時代”。
誰のための、何のための”学校”なんだろう・・・
そう思わずにはいられなかった。

そして、生徒たちの想いや考えを受け入れない学校側に、生徒たちが心を一つにして
立ち上がっていく。
そこには、むかし、同じように運動を起こし、職を失った父の後ろ姿もあった。

ろう者だから、みんなに愛されるように振る舞うべきだと教える先生たち。
仕方がない・・・と我慢することが、日常になっていく・・・

これは差別なんだ・・・おかしいことなんだ・・・
そうやって、学生たちが訴えていく姿に、心が引き込まれていく~

今、ようやく、「手話言語法」により、”手話は言語”だと・・・と認められるようになってきた。
その裏には、こんな歴史があったのだと改めて感じる。



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment