Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

しめやかに・・・

今まで、職場関係、友人関係、親族(おじいちゃん、おばあちゃん)。
いろんなお葬式に参列させてもらったが、
こんなお葬式は初めてだった。

家族葬って、ほんとに親族だけなんだなぁ・・・
それも、ほんとに近い近い存在。

10数人だけで、ほんとにひっそりと・・・

でも、すごく温かいお葬式だった。

終始、みんなが笑顔。
湿っぽさが、みじんもない。
きっと、故人も、この部屋に同席して、ニコニコ、この風景を眺めておられるんじゃないかなぁ・・・って気がする。

けれど、やっぱり、棺(ひつぎ)にお花を入れさせていただく時は、じ~んときた。
故人って、やっぱり、こんなにも冷たいんだなぁ~

そして、涙がこぼれたのは、この言葉。
「お父さん、ありがとうね。ありがとうね。心配せんでもええからね・・・みんなで仲良くやっていくからね・・・」

長年連れ添った伴侶が先に行ってしまうのって、どんな気持ちなんだろう~

そして、何度も何度も”ありがとう”って・・・
すごいなぁ~って思った。
そして、”強い”なぁ・・・って思った。


お葬式の”色”のイメージは、、当然、”黒”なのだけど、
なぜか、あまり”黒”・・・とう感じがしないのだ^
親族であっても、喪服(着物)を着ることもなく、みんながラフな感じの”黒”のスーツ。

すすり泣きがあるわけでもなく・・・

まるで、”行ってらっしゃい”と、次の”世界”へ送り出すようなそんな一時の”お別れ”のような。。。

後から、行くから、待っててね・・・みたいな・・・

そんな感じの・・・初めて体感した、お葬式だった。


私たち家族は、いったん帰ってきたが、また、夕方から、初七日と精進落としが行われる。







スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment