Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

映画「悪人」

昨日、映画「悪人」観てきました。
本屋さんで小説を見た時から、気になっていましたが、残虐なシーンがあるんじゃないか・・・
とか、怖いかな?なんて思って、ちょっと躊躇していましたが。
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を得られたことは、やはり、観るきっかけには大きかったです。
体当たりの演技でした。

大学生の圭吾(岡田将生)や、被害者の佳乃(満島ひかり)の中にも、”悪人”の部分はあって・・・
”悪人”とは?・・・ってちょっと考えさせられました。

祐一(妻夫木聡)の表情には、いろんな”想い”を感じました。

2人にとって”灯台”は、とても大きな”意味”、特別な”想い”があって・・・
IMGP1200.jpg IMGP1201.jpg

被害者佳乃の父親、佳男(柄本明)が発する言葉があります。
「・・・今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎる・・・
自分には失うものがないと思い込んで、それで強くなった気になっとう・・・
だけんやろ、失ったり、欲しがったりする人間を、馬鹿にした目で眺めとう・・・
そうじゃないとよ。本当はそれじゃ駄目とよ」

そして・・・
祐一のこんな言葉も・・・・・・
「光代(深津)と会うまでは、(殺したことを)何も思わんやった。悪かことて思わんやった・・・

でも、今、光代とおると苦しか・・・一緒におればおるほど苦しゅうなる・・・

なんでこんな人間なんやろ・・・」


人は大切な誰かを得た時、こんなふうに苦しくなるのかも知れない・・・・・・

久々に、涙がこぼれて仕方のない映画に出会いました~



大切なひとは、いますか?

あなたにとって大切なひとは、誰ですか?

JYONGRI - Unchanging love - MyVideo



IMGP1195.jpg

IMGP1196.jpg

IMGP1199.jpg
まだまだ暑いけど、もう、空は、秋の空ですね・・・(昨日の夕方の空~)


今日もいい日でありますように・・・・・・




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment