Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

映画「ぼくのエリ 200歳の少女」

なんでか・・・特にこの映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を観ようと思って、出かけたわけでもなかった。
「スープオペラ」が見たかったんだけど~
成り行きでこうなってしまった~

しかし・・・
怖かった~
こんな映画だったなんて~
賞もたくさんノミネートされてるみたいだし^
満席だったので・・・
人気ありそうだぁ~
なんて・・・
下調べなしで入るのも、ちょっと考えものだね~

私の一番苦手・・・というか観たくない分野~
オカルト・・・ホラー・・・
これに近かったよな~

血・・・
死体~
ぎゃぁ~
液体が滴る音~
恐い・・・


どこか病んでる・・・暗い・・・
最後までそんな印象~

音が怖い~
目をつぶったり、伏せたりしてた場面も多々~
音だけ聞いていたら、想像して、怖かった~

けど、主役の男の子と女の子は、
雪の白さと同じくらい、透き通るように白いんだよね~
肌が~
美しいから、はかなさや、切なさが引き立つのかも・・・

いじめられっ子の12歳の少年と、人間の血を吸って生き続けるバンパイアの少女の淡い恋なんだけどね~

いじめられっ子の少年=オスカーは、、学校で陰湿ないじめにあっている。なのに、誰も気づかない。
いじめに遭いながらも抵抗するわけでもない。しかし、ナイフを持ち歩き、どことなく何かを秘めている感じ。
そんな時、バンパイアの少女=エリに出会う。彼女に「勇気をもって・・・強くなりなよ・・・」って言われるたことから、強くなろうと努力する。放課後、先生にお願いして体を鍛える訓練をする。
オスカーは、エリのことが、最初から一目見た時から、気になり、好きになる。
人間の血を吸ってしか生きられない少女=エリも、いつしかオスカーのことを~。
いつものように、イジメをしかける少年たちに、初めて、”嫌だ”と自分の言葉で伝えるオスカー。
やがて、エリは、自分の本当の姿を、オスカーに見せ、打ち明ける~



やっぱり、もうちょっと、元気になれる映画にすればよかった・・・
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment