Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「津軽百年食堂」

昨日、映画「津軽百年食堂」、観てきた。

主演は、お笑いコンビのオリエンタルラジオの二人。
近頃の芸人さんって、ホントすごいなぁ・・・と思う。


こうやって見たら、、どっから見ても芸人さんだけど、映画初出演とは思えない俳優さんぶりでしたぁ~
う~ん・・・やっぱり、すごい!!



明治末期の弘前。やっとの思いで津軽蕎麦の店を出した賢治・・・こちらの役が、中田敦彦。IMGP1898.jpg

4代目にあたる陽一。しかし父との確執から店(大森食堂)を継がず、東京でバルーン芸人のバイトをして暮らしている。しかし、父の交通事故のため故郷に戻ることに・・・こちらの役が、藤森慎吾。
IMGP1899.jpg


百年続いた食堂・・・
味、そば、店の趣~百年変わらずに・・・

変化していくことも大切だけど、守り続けること、これもまた、”大切”なことだなぁ~と感じさせられる。

風景がとても美しいんですよね~
故郷に帰った陽一が何度でも言うんですよね。「いいよなぁ。やっぱり。弘前は・・・・」って。

海。そして、サクラの風景が・・・

桜の写真、これも、この物語では、カギを握っている・・・

なんとなく、なつかしいような気になる映画だった。

最後は、陽一と七海(福田沙紀)が、新しい家庭を築いていくのかなぁ・・・という予感を感じさせながら、終わる。

映画の中でも出てくる弘前さくらまつりって、有名なんだろなぁ・・・
桜がホントにきれいだ・・・

震災でどれくらいの影響を受けたのかな?っと、映画を観終わった後、なんだか気になった。

ロケ地が津波で…オリラジ主演『津軽百年食堂』が東北で復興ロードショーこんな記事があった・・・

IMGP1893.jpg IMGP1896.jpg近郊の桜、昨日撮影

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。