Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

グランジュテ

たまたまテレビのスイッチを入れたら、NHK教育テレビで・・・
グランジュテ」といのをやっていた。
毎週一人のゲストを紹介するようだ^
それも、みんなが知っている有名な人でもなく、また、単なる一般人でもなさそうな・・・

えっ・・・
この人が・・・
そうだったんだぁ~って感じになるような~
ちょっと知ってるかも知れない・・・そんな人たちかも知れない~
紹介されるのは、女性ばかりなのかな?

グランジュテとは、バレエで使われる用語・・・
番組タイトル名のグラン・ジュテとは、「大きな跳躍」という意味だ(バレエの専門用語から取っているようだ)。
毎回登場する主人公は、さまざまなきっかけや出来事によってその世界に入り、苦労や忍耐を重ねる。
小さな成功もあるが、その後長く続く、ほんとうの試練にさらされて、次第に苦境の最中に・・・。
その下積みのようなプロセスを番組は、ていねいに追い続ける。
 
その下積みの間の心理変化や、主人公のあきらめない心の持ちようが、この番組の見どころだと思う。

番組のタイトルどおり、番組の後半では、さまざまな苦境を乗り越え、主人公には晴れて「グラン・ジュテ」の瞬間が訪れる。
そこから彼女たちは、仕事のステージががらりと変わり、成功への道が開かれていくのだ。

あきらめなければ、こんな成功がやってくる・・・そんなふうにちょっと勇気をもらえる~

今回の主人公は、書道家の紫舟さん・・・龍馬伝の冒頭のタイトルの文字は、この紫舟さんの作品。

さままな想いを重ねながら、今、伝えたいことは・・・
今、描きたいものは・・・
人とのつながりを意識した作品。伝えたいことが伝わるように描くこと~
人とのつながりを文字に込める。文字や言葉の持つ可能性を信じて・・・
書で人の心を動かす、感動を与えられるような書家になりたい・・・
そう、おっしゃっていた。

最近の作品は、光と影を感じるような立体的な文字としての作品だとか・・・

紫舟さん・・・
ホント、きれいな人なのよね~
自分の目標に向かって生きている人は、やっぱり美しい・・・輝いてる・・・




この”龍馬伝”という文字・・・紫舟さんの文字~・・・


クリック☆紫舟さんの作品、あれこれ・・・
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment