Welcome to my blog

軽やかに・・・朗らかに・・・

ARTICLE PAGE

映画「奇跡」

映画「奇跡」観てきた。
IMGP2173.jpg  IMGP2174.jpg
九州新幹線前線開業の朝、博多から南下する”つばめ”と鹿児島から北上する”さくら”。この二つの新幹線の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きて、願いが叶う~そんなうわさを耳にした小6の航一(前田航基)は、離れて暮らす小4の弟、龍之介(前田旺史郎)とともに奇跡を起こし、家族4人の絆を取り戻したいと願う。
二人の両親は離婚し、兄弟は別々に暮らしている。
兄、航一は、母(大塚寧々)と祖母父(樹木希林・橋爪功)と一緒に鹿児島で暮らす。
弟、龍之介は、父(オダギリジョー)と福岡で暮らしている。
兄弟は、友だちや両親、周りの大人たちを巻き込んで、計画を実行する~


さて・・・
奇跡は、起きるのだろうか・・・

子どもって、大人が考えている以上に、いろいろ考えているんだなぁ・・・って思った。
そして、ホントにたくましいよなぁ~

両親が離婚して、離れ離れに暮らして、仲のいい兄弟がバラバラに暮らしていても、
子どもたちは、全く屈折していない・・・

小学生たちが友だちと計画を実行するに当たっての資金集めや用意の仕方が、
なんとも微笑ましい~

本当の兄弟である、まえだまえだが、兄弟役を演じているので、息もぴったりだ・・・


子どもたちになんだか元気をもらえる映画だった。

ホントに近頃の子役さんたちの活躍には、びっくり・・・


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment